FC2ブログ

STORYPEDIA

映画、漫画、小説などのあらすじと概要、感想。

スポンサーサイト [スポンサー広告]
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PROMISE-無極- [映画-ファンタジー-]
2006.03.24 Fri
【キャッチコピー】
[愛]で運命(プロミス)を超えろ

【あらすじ】
無数の兵士の死体が転がる森の中を幼い少女[傾城]は駆け回っていた。
倒れた兵から饅頭を奪った傾城だったが、罠にかかって捕らえられてしまう。
その前に立派な身なりの少年が立ちはだかった。
傾城は少年を騙してなんとか逃げるが、そこへ満神-全てを見通す女神-が現れた。
満神は傾城に何不自由ない生活と、王たる者からの寵愛を約束するが、その代わりに真実の愛は永遠に得られないと言う。

――そして20年後。

伝説の花鎧を身に付ける大将軍[光明]は戦場に立っていた。
光明の軍は圧倒的な劣勢であったが、一人の奴隷の活躍もあり、軍は奇跡的な勝利を収める。
光明は類まれなる俊足を持つ奴隷[崑崙]に目をつけ、自らに仕えるよう命じる。

勝利に酔いしれる光明の元に、光明と双頭をなす北の将軍[無歓]が王の元に攻め入ったとの情報が入る。
配下の軍勢に先んじて光明は崑崙を連れて城を目指すが、深い森の中で道に迷ってしまう。
崑崙と別れ、別々に道を探していると、光明の元に黒づくめの服を着た刺客が現れる。

崑崙の助けにより命を取り留めた光明だったが、傷は深くすぐには動けない状態だった。
光明は自らの花鎧を崑崙に着せ、王を助けるよう城に差し向けた。

そして一人残った光明の元に満神が現れた。
満神は、先の戦いが光明にとっての最後の勝利となり、今後は負け続けるだろう。
花鎧を身に付けた者が王を殺すだろう。
涙を流す時にお前は死ぬだろうと告げる。

一方城では、無歓が大勢の軍勢を引きつれ王妃傾城を渡すよう王に迫っていた。
美しく成長した傾城はその場の兵士たちを魅了し、王を殺すよう命じる。
怒った王は傾城に刃を向けるが、そこへ花鎧を身に付けた崑崙が現れる。


【監督/キャスト】
監督:チェン・カイコー
キャスト:
光明……真田広之
崑崙……チャン・ドンゴン
傾城……セシリア・チャン
無歓……ニコラス・ツェー

【オフィシャルサイト】
http://wwws.warnerbros.co.jp/promisemovie/

【関連リンク】
PROMISE@映画生活 http://www.eigaseikatu.com/title/14480/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【コメント】
率直に言って、ストーリー的には特に内容のない映画だ。
真田広之もチャン・ドンゴンも中国語がんばってるんだけどねえ。
だけど、愛すべきバカ映画w
これほど映画で笑ったのも久しぶりだ。
一人で見に行ったけど腹抱えて笑いをこらえるのに必死だった。

垂直壁走り、イノシシの群を先導して突っ走り、美女は人間凧になる。
少年漫画でありそうなシーンを実写でやっちゃったよ!!っていう面白映像が満載。

「この衣の中が見たい者はいる?」ってセリフだけで笑えました、セシリア・チャン。
ニコラス・ツェーのいやらし美形っぷりも最高。
友人が、封神演義(藤崎竜)キャラに例えて、崑崙=武吉、無歓=楊ぜん、傾城=妲己と言ったけど確かにそんな感じ。

この作品に『HERO-英雄-』のようなものを期待してはいけません。
友達と部屋でビール片手につまみでも食べながら爆笑しつつ見る、そんなギャグ漫画的映画です。

■設定 ★★☆☆☆
■映像 ★★★★★
■脚本 ★★☆☆☆
■衣装 ★★★★☆
■笑い ★★★★★
■満足度 ★★★★★
スポンサーサイト
 

Trackback URL

Skin:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。